ハートフルグッズのサキヤマは、暮らしを楽しくする、使って感動の家庭用品。日用品を製造販売しています。

Home商品一覧>ロールペーパーボックス

ロールティッシュボックス

つかんで引き出して
  しわにならずに片手で平らに切れる
  新しいタイプのロールティッシュボックスです。

ロールティッシュボックス、片手

今まで無かった特徴とは

・片手だけで、紙を引出して切り取れます。
・折りたたみも片手でできます。
・紙端が出ているのですぐつかめます。
・普通の箱ティッシュより、置き場所は省スペース。

今までのボックスは使い難い!

今までは
・引出したペーパーの元を抑えて引きちぎると、クシャクシャになります。
・平らに展ばして使うのは面倒ですね。
・引出した紙を出口で抑えないと切れません。

これからは
・紙を掴んで、引き出して、引いて切るだけです。
・しかも、この操作は片手だけでできます。
・平らに切れるので、そのまま使えます。
・何枚でも重ねて折りたたんで切れます。

ロールティッシュボックス、片手で切る

外装のデザインはウルシックです。

ロールティッシュボックス、片手で切れる

外装のデザインは和紙・友禅です。

色々な用途に使えます

・リビングや洗面所、キッチンで好きな長さに切って使えます。
・食卓などでチョットした汚れ取りに、少しだけ切って使えます。
・高級ロールをセットして、鏡台、ドレッサーでお使いください。
・オフィスや玄関に置けば、豪華なイメージに。

高級ロールでゴージャスな使い方も
 ロールペーパーボックスは、安価なロールペーパを使って経済的に・・・と思う方は多いと思います。
 しかし、使う目的によっては1個1500円以上もする高級ロールが好まれます。
 用途によって、色々なグレードのペーパーを使い分けてください。

ボックスティッシュの補充が面倒と思う方に
 ロールティッシュを使う人の理由の一つは、紙が無くなった時の補充が面倒だからです。
 従来のボックスティッシュでは、150回~200回使うと空になるので、箱をつぶしてゴミ箱に捨てたり、新しいボックスの蓋を切り開けたりの交換が煩わしいですね。
 ロールペーパー(ダブル30メーター)であれば、一回に30センチ使うとしても、取出し回数は1,000回です。
 60センチを二つ折りにして使っても500回です。(ちなみに、ボックスティッシュ一枚の長さは25センチ前後です)
 ボックスとロールの2種類のペーパーを収納する必要が無いので収納スペースが少なくて済みます。 

商品の仕様

材  質:本  体(紙)
     カット部(PET樹脂)
サ イ ズ:W13×D13×H14センチ
重  量:200グラム
生産国:日本製(特許登録商品)
価  格:1.980円(税込)
【特許登録済】【意匠登録済】
      ティッシュボックスのショップへ

その他のオンリーワンの商品