HOME>楽草取ーる>草抜きのポイント
 weed1weed2「楽草取ーる」を使った草抜き作業のポイントweed2weed1


  1.草の構造

・草には色々な種類がありますが、通常多く見られる草は、基本的には地中に成長
 する根と地上に成長する茎から成っています。

・根は主根と側根からなるものと、ひげ根で形成されているものがあり、土にしっかり
 絡まっています。(球根は除く)


   主根と側根(双子葉類)    ひげ根(単子葉類)  
  主根・直根の画像     ひげ根の画像  


・茎は、地中の根から地表に伸びて根より柔らかいので、引っ張ると茎の部分から
 切れ易いです。

・茎から切れると、残った根から直ぐに芽が成長するので、頻繁に草取りしなけれ
 ばなりません。

・従って、草を抜くときは茎ではなく根を掴んで、根こそぎ取りましょう。



  2.草抜きの基本

・前述のように、根を残すとまた生えてくるので、根こそぎ取ることが大切です。

・楽な作業で根こそぎ取るには「楽草取―る」が最適です。

・「楽草取ーる」はコンパクト設計なので、指先で取れる大きさの草に適しています。

・土が乾燥して硬い時は、根は土にしっかり絡まっているので抜きにくい状態です。

・雨で土が水分を適度に含むと、根が緩みやすくなるので抜くチャンスです。

・特に乾いた粘土質の土は硬いので、雨降り後に抜くことをお勧めします。

・根が切れ易いとき、多くの草はゆっくり抜けば根こそぎ抜けます。

・大きく成長した草の根を抜くのは困難なので、小さいうちに取るようにしましょう。

・花壇では、花の根を傷めないように、土を掘り起こさずに抜きましょう。

「楽草取―る」なら、花の根を傷めずに根こそぎ除草できます。



  3.広範囲に生えた草の取り方

・雑草が密集して生えてしまったら、除草剤をまくのもひとつの手です。

・花などの植え込みのない場所に限定して、注意して散布します。

・庭の広さ位であれば、除草剤(溶液)を希釈してハンドスプレーで葉に散布します。
(ジョウロで撒くより経済的です)

・散布後2日晴天なら、数日で枯れるので、天気予報を確認して散布しましょう。

・一度枯れた後、新しい草が散発的に生えてきたら、「楽草取―る」の出番です。



  4.「楽草取―る」で取るテクニック

・草を挟むようにして歯幅を狭くしたら、指当て部を押し下げて土に刺し込みます。

・根を掴んだら、指当て部の方向に倒していくと、テコの力で楽に抜けてきます。

   

・ひげ根の草は、根元を掴んで大きく捻ってからテコの力で引き上げると、土の連れ上げ
 が少なくなります。

・ひげ根の草を抜くもう一つの方法は、テコを少し利かして根の絡みが緩んだら、傾けを
 止めて地面に押し付けたままずらすと土の連れ上げが少なくなります。

・主根が長くて切れやすい草は、テコを利かしてゆっくり傾けると、長く抜けてきます。


・タンポポのように直根の柔らかい草は、根の周りにシャベルを刺し込んで根の周りの土を
 ほぐしてから(掘り起こさないで柔かくするだけ)引き上げると切れずに抜けます。


☆「楽草取ーる」の記事はありませんが、草取りの参考になります☆
          http://mykaji.kao.com/12885/

 

Copyright © SAKIYAMA Co., Ltd. All rights reserved.